2013年7月24日水曜日

新築分譲マンションの値引きは営業マンが仲介する

東京などで販売されている新築分譲マンションの値引きは、ホームページやチラシ上では一切うたっていない。
新築分譲マンションの値引きを望むのであれば、現地のモデルルームへ赴き、営業マンと交渉するしか無い。
ところが、その営業マンには値引きの権限が与えられていない新築分譲マンションがほとんど。
モデルルームへの来場者から、値引きの要望が入った場合には、営業マンはまず、その顧客が本当に購入意思があるかどうかを、いろんな質問で内定して、購入意思が硬いようであれば、重い腰を上げて上司に伝える。
その上司に値引きの権限が与えられていれば良いのだが、東京などで販売されている新築分譲マンションでは、その上司はまたその上の課長なり部長へ顧客の要望を伝える。
値引きの場合、最終的には社長まで行く場合がある。
そう考えてみると、現地のモデルルームで接客してくれる営業マンは、その新築分譲マンションの売主である不動産会社と顧客とを繋ぐ大事な仲介の架け橋を担ってくれているのである。
本気で新築分譲マンションの値引き交渉を望むのであれば、現地のモデルルームで接客してくれる営業マンを、いかに上手に利用出来るかにかかっている。

0 件のコメント:

コメントを投稿